新しいインスリン!その名は「ルムジェブ」!

こんにちは!グルコースマンです。

 

ついにきたで!

噂の新兵器!

超超速攻型インスリン!

 

 

その名は「ルムジェブ!!」

 

なんかガッシュの呪文みたいで

テンション上がるわ。

 

「バオウ・ルムジェブ!」

って叫んでみたい。叫ばんけど。

  

あ、ガッシュ分からない人はLINE漫画かなんかで読んでみてね。

  

僕はあれを幼少期に読めたおかげで

「心」のある人間になれたと思う。めちゃ好きな作品です。

  

んで、本題。

このルムジェブ、

使ってみたんだけど、、、、

  

確かに効きは早い。

 

打った瞬間血糖値下がる感じ。

 

でも、持続時間が今一つで、

夜に打つと翌朝高確率で高血糖になってしまう。

 

あと、打つ際の気持ちよさがノボラピッドに比べると全然。

ノボラピッドを売ってる時の「パチパチパチパチ・・チン!」の

リズムに慣れてるから、なんかね。

 

もう4年もノボラピッドだから

体もノボラピッド仕様なところもあるのよね。

 

最終的に僕が思いついたこととしては、

「メシ前に高血糖だった時」

に使うと良いかなと。

 

メシ前に高血糖で、

そのままメシくうと全然下がらなかったりしません?

で、しょうがないからと

追加打ちすると低血糖なってしまうという、あるある。

 

なので、お腹空いてんのに「245」だったときとかに

「3単位」くらいサク打ちで、

ちょっと下がってきたら、

ノボラピッドを最適な単位で打つ。

そしてご飯。

 

こんな使い方がいいかなぁ。

でもレギュラーはノボラピッドって結論です。

ん-ーちょっと残念!

  

合う人もいるかもしれませんので、

もし情報があったらいただけますと幸いです。

それではまた!

 

新しいインスリン!その名は「ルムジェブ」!」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、以前もコメントした者です。今のところ超超速効型はルムジェブとフィアスプの2種類だけの様です。フィアスプでも去年の12月から開始の様ですので昔からあった訳ではないみたいです。超超速効型インスリンでググると勉強になります。もし可能でしたらノボラピッドと同じメーカーのフィアスプを処方して貰うのもありかも知れません。また明け方の高血糖ですが、私は超が付かない普通の速効型のノボリンRを寝る前に使っています。効き目がゆっくり立ち上がり長めに効きますので朝起きた時の高血糖を防げます。私は22時以降の寝る時に限り寝る前の血糖値により量を変えています。早寝の時に射つと明け方の血糖値が上がる前に低血糖に襲われるので少々の経験が必要です。また長々とお邪魔し失礼しました。

    1. おー!ジュンさん、コメントありがとうございます!
      フィアスプもそうなんですね。
      ちょっと調べてみますね。

      寝る前に打ってるんですね。私は寝る前に「270」とかなら
      3単位くらい打つかなぁ。。

      でも毎日18:00に飯食って22:00に寝るようにしてるので
      そのサイクルさえ守れれば、
      夕食前のノボラピッドと
      20:00の遅行型トレシーバで朝は100~130くらいには着地できます。

      私の場合は、薬どうこうよりも、
      20:00以降にご飯食べてしまったらゲームオーバーな感はありますね。

      やっぱり遅くのご飯は血糖値下がらないし、無理やり下げようと大量打ちすると夜中に低血糖になって厄介です。

      日々これ研究ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です