【研究結果!】インスリン注射&食事のコントロール方法

どうも糖尿です!

人間の体って本当に複雑で、
マニュアル通りのインスリン量打っても全然ダメだったりします。

前の病院では、身長に対して一日の摂取カロリーやら糖質量やら
計算してインスリン量を算出し、

決まった量をずっと打ってましたが

(今思うと少なすぎ)

結局、

Hba1cは8.5

という老人重病患者並みの数値が3カ月続きまして、、

「なかなか改善しないですねぇ。。なんでかなぁ。ははっ」
と医者がニヤニヤしながら笑いやがったので

散々怒鳴り散らしたあげく病院を変えました。

キレてばっかりですね。ごめんなさい。。

でも自分の体が異常な数値出してると

ものすっごい不安になるんですよ、、

パートナーが劇症になっちゃった奥さんや恋人、
もしくは劇症マンと友人の方なんかはしばらく大目に見てあげてください、、

後ですっごい自分の態度に反省すると思いますんで、、

でも大きな病院の内科って、今思うと
古臭い処方しかできてないじゃんって感じですね。

自分が知識ないし不安だから何でも信じちゃう、
壺ですら買ってしまいそうな精神状態だったもんで。

「身長が○○だからインスリンは朝昼晩××打ってください!」
の提案って
「風邪?!首にネギまいて!」レベルの原始的なしょぼい提案です、ほんと。

人間の体は複雑なので、

身長以外にも体重や体脂肪率、

代謝、太りやすい痩せやすい、

夜型朝型などなど、、、

様々な状況に合わせてアプローチを考えないとです。

今の病院は糖尿専門で、
新しい知識や手法、機器をたくさん提案してくれます。
糖尿に詳しいし、看護師さんがMac片手に
数値をExcelに入れながら会話してくれます。

会話の質とテンポがとっても心地よいです。

リブレも手に入ったしね。

待合室の「ここにいる全員糖尿?!」的空気は気まずいけど(笑)

皆さんも自分の体重、身長、体質、生活習慣に対して、
インスリンをどれだけ打って、何を食べて、
どのくらい血糖値がコントロールできたかは
日々研究することをお勧めします。

ちなみに今のところの自分の体と生活はこんな感じ。

・身長185cm
・体重65kgのガリ(発症前は67kg、入院中は60kg。これでも頑張って戻したんですよ)
・昔から食べても太らない体質
・仕事は毎日2訪問くらい営業して、1日平均5,000歩くらい歩きますね。
資料作りなんかで頭も使います。残業は月20時間以内。
仕事残ってる場合はとりあえず帰ってPC開きます。そもそも会社にいたくない(笑)
・家では自体重の筋トレを少々。
・あとは基本読書か動画かニュースアプリか漫画か嫁さんとおしゃべりかブログいじり。
家か充実施設のサウナにいます。ウェルビー今池最高。

あ、リブレはサウナ余裕ですよ!

・平日は朝6時半起床、夜23時には就寝。休日は8時起きで24時就寝かな(睡眠は7時間以上ですね)
・酒は減らしました(最初の1杯は付き合いや空気的に飲んだりしますがもう必要ない感じ)
・コーヒーはめちゃ飲む(1日500mlくらいいってると思う)
・タバコは3年くらい前にやめてる
・3食しっかり食べる
・3食のカロリー・糖質はなるべく同じ

こんな感じかな。睡眠しっかりしてるし、適度な運動もしてるし、ストレスもあまりないです。
ストレスかかりそうなお客さんは「血糖値上がるんで」と言い放って
上司にぶん投げます(笑)

こんな私の研究結果が下記。

※真似はしないでください。

 あくまでも参考にしてください。

・まずマニュアル通りの計算だと、
身長185cmだと標準体重は75kgくらい。

そうなると1日2,200kcalくらいは必要。
で、カロリーの半分(1,100kcal)を糖質でとると良いらしく、
糖質は1g4kcalなので、1,100kcal÷4=275g。
1食91gの糖質摂取。。。。

なんですが、

体重65kcalのガリガリだし、膵臓が死んだせいで他の臓器の処理能力も
どうやら落ちてるみたいなんで、(米とか以前より胃に残ってる時間が長く感じられる)
91g摂取すると血糖値が全然下がりません。

なので、カロリーはこれ以上痩せないように
一応1800kcalくらいにして、

糖質は1食70gまでくらいにおさえてます。

・70g全部米・麺・小麦いかない。
→1食70gだからといって、全部米やパンでまかないません。
前述の通り、消化する能力が低くなってるみたいで、

思ったように血糖値が下がりません、僕は。
3分の1、つまり20gくらいは消化・吸収の良い果物(バナナ等)や
スイーツ(プリンやシュークリーム等)、
お菓子(チョコなど)、飲み物(ヨーグルト等)という

「液体に近いやわらかめなやつ」
でとっています。

私の場合はどうやら50gの米・小麦と

20gの液体に近いデザートで70gを摂取することが黄金比のようです。

・24時間持続型インスリン(私はトレシーバ)は「14」で固定
※以前「16」で試した時は低血糖に気付きにくくなってしまい危なかった。

・速攻型インスリン(ノボラピッド)は「10~」
→食べ物によって量を変えてます。が、いかなる時も「10」は下回らないように。
私の場合は「8」とかにすると摂取する糖質が少なくても高血糖になったりする。

あまり変動させるのはよくないので、なるべく12~14にはしてますけどね。

・速攻型インスリンは糖質6gに対して1単位で計算。
書籍とかだと20gや10gに対して1単位とか書いてある。
でも、実際に私が1食の糖質70gに対して7単位打ったら爆上がりします。
色々試した結果6gで1単位が無難。

・下げたい血糖値20mg/dLに対して、1単位。
→つまり、1食70g糖質摂取するなら、まず12単位は確定。
そしてもし、食前190mg/dLとかなら+3単位で130mg/dLまで下がり、140mg/dLを下回ると想定。
よって計15単位打つ計算。

・夜は運動量も少なく血糖値も上がりやすいので、

カロリーと糖質は500kcal、糖50gくらいにおさえる。米はなるべく食べない。 

・食前に血糖値を測定し50~70の低血糖だった時は、
インスリンを打たずに、
まず糖質のない野菜やアーモンド、ツナ缶なんかを食べて、
いざ、炭水化物に取り掛かる直前になったら打ちます。
そうすると効き始める15分後と炭水化物の消化が良い感じに重なってくれる。
いくら食前だからって血糖値50とかで打ったら死にそうになるので。

・いかなる場合も満腹になってしまうと血糖値下がらない。
例え糖質量が少なくても満腹になってしまうとなかなか下がってくれない。
速攻型インスリンは効き目が3~5時間程度。
5時間たっても腹に何か残ってるようならそりゃ上がっちゃいます。
ようするに米と太麺は少なめにしてね。
ただし、少量すぎて食後3時間くらいで腹がからっぽになると低血糖に。
これはまだ調整が難しい。。。

大体1年間の研究結果はこんな感じ。

一筆がきでぶわーと書いてしまってすんません。

参考になりましたら幸いです。

(またまとめますね笑)

↓2019.3.20追記。最近、登録してみました。「欲でてきたなこいつ、、」とか思わんといてください(笑)わりかしピュアに「一人でも多く元気にしたい!」っておもってますんで。多くの人に届けるには、あれこれ手出すのも大事ですよね。ポチたのんます。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です