血糖値500

発症から今に至るまでツラツラと書いていきますね。

病院に運ばれた時、血糖値は500でした。

 

そもそも運ばれる1週間前に高熱で土日ダウン。

(実はこの時に膵臓ぶっこわれたみたいです)

月曜に微熱で会社にいき、一瞬元気になるも

家に帰ればまた発熱の繰り返し。

そんな感じがダラダラと3日くらい続きました。

その間、風邪だと思いこみ、

スポドリやらはちみつやら

糖質は欠かさずぶち込み続けました。

これが地獄への入り口。

1型糖尿というのはインスリンというホルモンが出せなくなる病気でして、、

インスリンが血液中の糖を細胞に送り込んでくれるのですが、それが出ないのに糖分摂取すると

血糖値はどんどん上昇していくんですね。

で、血糖値が高すぎると吐き気やら悪心やら意識障害になるらしいんすわ。

(「ケトアシドーシス」で調べてみてください)

で、そうなりまして。

意識がもうろうとする中で自分で救急車呼びました。

嘔吐が止まらなくて、力が入らなく、

でも下痢はなくて、、怖くなり呼びました。

自分で、糖尿かな?とか気づくわけないですから。

ちなみに、みなさんがラーメン二郎食べ終わって

血糖値140くらいです。すぐ70~90くらいに戻ります。

糖尿患者の血糖値は200前後。

で、僕は500ありました。

あのまま救急車呼ばずに一眠りしていたら死んでたそうな。

ひいぃ、、、、あぶねえ、、、

<はてなから引用>

  

↓2019.3.20追記。最近、登録してみました。「欲でてきたなこいつ、、」とか思わんといてください(笑)わりかしピュアに「一人でも多く元気にしたい!」っておもってますんで。多くの人に届けるには、あれこれ手出すのも大事ですよね。ポチたのんます。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です