パワーフレーズ「一病息災」

みなさんこんにちは。Glucosemanです。

最近は仕事が立て込んでおり、

全然更新できておらず失礼いたしました。

 

コメント欄がたくさん増えてましたので、

ご返答させていただきました!

ご確認のほど、よろしくお願い致します。

 

みなさんお悩みは尽きないですよね。

 

ただ、みなさんに共通してお伝えしたいのは

ですね。

(著作権ゆるゆるでおなじみの名作「ブラックジャックによろしく」で一番好きな話) 

 

あ、 そーいや「新ブラックジャックによろしく」は1型糖尿が中心の話よね。

当時読んでた時は自分がこの病気になるとは。。。。

 

とにかく自分が納得するまで考えて行動し続けてほしいなぁと

思います。

 

昨日ね、ある会社の役員さんと商談があったんですけど、

その役員さんは腎臓に重い病気を持っていたらしく、

まぁ話盛り上がりましてね。

(病気なら営業しよう!年配トークでのキーマンと仲良くなれるで!)

 

  

その人がすごい良いこと言ってて、

「無病息災ってあるよね?僕は一病息災だと思ってる。病気を一つ持ってることで色々なことに気を付けるようになって、結果的に発症前より素敵な人生になると思うんだ」

  

スタンディングオベーションしそうになりました。

  

そう!そうなんですよ!

今まで深夜まで記憶なくすまで飲み歩き、

食生活も破綻してて、

なおかつ仕事も無茶してたので、、、

  

病気にならない方が、ある日突然死んでたんじゃねぇかなと。

 

切に思うわけです。

もちろん1型糖尿になって大変だけど、

色々「超」気を付けるようになったので、

これは警鐘だったのかもしれないです。

 

病気になったからこそ、分かったこと、見えてきたこと、大人になれたこと等色々あるので、

「一病息災」はパワーフレーズとして

持ち歩こうと思いました。

 

勇気をありがとうございました☆

 

それでは、また! 

みなさんは夏季休暇ですかね?楽しんでくださいね!

私は治験で入院ですけどね。

 

☆ポチよろしく!上位に上がれば凹んでる人がみつけやすくなるんで!

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

パワーフレーズ「一病息災」」への4件のフィードバック

  1. こんにちは!ヨシです!
    一病息災、名言ですね!
    最近、病気に慣れてしまったのか先日、食前のインスリン打ち忘れてしまいました
    慣れって怖いですねー。
    一病息災の精神で初心を忘れずにやっていかないと老後が大変なことになりますね!
    T.N様、発症時期同じです!
    ただ私の病院はスパルタで入院期間はたったの12日間でした。
    あとは自分で感覚掴んでかしかないから、と自己注射の仕方だけ教えられて放り出されました。
    一応、栄養指導があって「野菜ジュースはダメだけどトマトジュースはOK」の言葉を信じて300超えたこともあります。
    あとあと知ったことですが専門医がいない病院でした。それどころか、最寄りの市に専門医が開業医一件しかありません。
    時々、お医者さんも所詮は人ごとか!と思うことがあります。

    なので、こちらのブログで色々相談できたり共感できるのがとっても嬉しいです!
    わかる〜、と独り言いいながら読んでます。
    私は、運動よりも集中して書類作成してる時の方が低血糖になります。
    しかも50切るまで気づかないことがよくあります!

  2. ヨシさん

    ありがとうございます。
    トマトジュース。。糖質ないやつなら大丈夫だと思います。

    医者は大事ですよ!僕もそろそろ家の購入を検討してるのですが、
    まずは近くに医者があるかどうかからですね。

    書類作成も、
    ぶっちゃけ頭遣わないコピペとか整理系なら血糖値下がりませんが、
    文章を要約したり、自分の頭で書いたり右脳・左脳使うとめちゃ糖使いますよね。

    最近は血糖値で「あっ、血糖値下がってねえわ。この仕事、あんまり頭つかってないな。反省」と仕事を分析できるようになりました。

    喜んでいただいて何よりです。
    役に立てるよう引き続き頑張ります。

  3. 初めまして。
    先月、劇症一型を発症してネットで色々検索していてGlucosemanさんのブログを拝見しました。

    一病息災。
    まさに実感しています。
    私は血統800台で倒れ、文字通り死にかけました。
    危篤なのでと実家の両親も呼ばれ、5歳の娘まで救急での面会を許可されたそうです。

    退院した今思うのは、今まで何とも思わなかった当たり前の日常こそが幸せなんだということです。
    家族と一緒に過ごせる。家族のためにご飯を作ってあげられる。
    一緒に笑って、歌って、時々怒って。
    病気にならなかったら、何の変哲も無い日常に感謝なんてしてなかった。
    次にいつ倒れても、私の人生幸せだった!って胸を張って言えるくらい、日々幸せを感じて生きていこうって思いました。
    劇症一型を発症したからこそ、そう思えます。

    発症してまだ1ヶ月も経っていません。
    まだまだ勉強中の身ですので、色々教えて欲しいです。

    1. あんずさん

      ありがとうございます。ぼくもコメントからパワーもらいました!

      https://glucoseman.com/diabetes-type1

      これに全部まとめてるんでガッツリご覧ください!
      発症1か月だとまだまだ心身ともに不安定かと思いますが、
      僕も半年くらいはHba1cも8.5とかで毎日不安定でした。

      いろいろあって、今は7.0、血糖値も平均140前後で安定し、
      好きなモノを好きなだけ飲み食いし、
      障害年金で若干豊かになり、
      病気でマインドチェンジしたことで仕事も視野が広がり上手くいくようになりました。

      病気のおかげで人生が豊かになったとさえ
      思っています。

      一緒に楽しんでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です