それは剣というにはあまりにも大きすぎた。大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた。それはまさに鉄塊だった。

最高のファンタジーをありがとうございました。

中学生のとき、

タイトルの言葉で一気に作品に引き込まれました。

   

ゴッドハンド1人くらい倒して欲しかったけど、

30年かけて1人も倒せないこともゴッドハンド感(笑)

   

三浦先生のご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です